文字サイズ  背景色
English 한국어 简体中文 繁體中文

新型コロナウイルス感染症に関する人権への配慮について

今だからこそ市民の皆様へ大切なメッセージ

別府市では、「別府市部落差別等の解消を推進し人権を擁護する条例」の第3条において、「市民は、相互に基本的人権を尊重し、部落差別を始めあらゆる差別をなくすための施策に協力するとともに、自らも差別及び差別を助長する行為を行わないように努めるものとする。」と定められています。

また、「別府市人権教育及び人権啓発基本計画」でも、「人権という普遍的文化が構築され、人権が尊重される心豊かな別府市を実現すること」を目標に、人権のまちづくりを推進しています。

新型コロナウイルス感染症(以下、感染症と表記)に関して、

以上の方々への差別的な行為等が、コロナウイルスに感染していないにもかかわらず、特定された事柄(住所・職業・国籍など)を理由に偏見や差別による被害者を増やしています。

また、差別的な書き込み等が、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)等のインターネット上を中心として国内や県内でも広がっています。インターネット上の差別的な書き込みは一度起きると爆発的な拡散力で広がり、更なる差別を助長し完全に消すことが難しくなります。

このように、感染は誰にでも起こりうることであり、決して他人ごとではありません。感染症の広がりは、「本人」のせいではなく、ウイルスであることを今一度見つめ直し、ご自分や大切な方がこのような被害に遭わないよう、人権について考えてみるべきであると思います。

そこで、今だからこそ、一人ひとりが正しい情報を入手するように努め、悪い情報ばかりに目を向けず、差別的な言動に同調しない冷静な対応をしてほしいと思います。

ご自分や大切な方がこのような被害に遭わないよう、国籍などを問わず、市民みんなで「優しいつながり」を広げていきましょう。

感染症に関連した不当な差別・偏見・いじめ等を撲滅していきましょう。

STOP!コロナ差別(ポスター)

新型コロナウイルス感染症に関する差別・偏見の防止について

新型コロナウイルス感染症に関する人権相談窓口

みんなの人権110番(全国共通人権相談ダイヤル)

電話:0570-003-110(平日午前8時30分~午後5時15分まで)

子どもの人権110番

電話:0120-007-110(平日午前8時30分~午後5時15分まで)

外国人人権相談ダイヤル

電話:0570-090911(平日午前9時00分~午後5時00分まで)

お問い合わせ

人権同和教育啓発課 

〒874-8511 別府市上野口町1番15号 (市庁舎4F)

電話:0977-21-1291

Eメール:hur-le@city.beppu.lg.jp

情報を探す
サイト内を検索する
分類・組織から探す
お問い合わせ
別府市役所 代表電話 0977-21-1111
ページの先頭に戻るTo the top of pageページの先頭に戻る